ドライアイの体への影響と眼科での治療内容とは

ドライアイのリスクと治療の基本情報をまとめたメディカル情報サイト

おすすめリンク

新橋のおすすめ歯科医ピックアップ

新橋で歯科医に行く前に、特徴、金額、可能な治療、口コミなどから徹底比較しましょう!

池袋で矯正の予算相談もしてくれる歯科医院を探す

矯正は予算がどのくらいかかるか不安なもの。相談にのってくれるクリニックを池袋で探したい!

千葉市で実績のあるインプラント専門の歯科医院

千葉市ではインプラント治療に実績のある専門の歯科医院が存在!専門だから安心できる治療

高円寺で駅からアクセスのよい歯医者さん

仕事帰りはもちろん学校や遊び帰りでも通いやすい!高円寺駅周辺のアクセスのよい歯医者さん特集

子ども連れでも通える稲城の歯科医院

キッズルームを完備した子どもと一緒に通える歯科医院を稲城で見つけました。お探しの方は要チェックです

基本的なドライアイの症状と身体的デメリット

基本的にドライアイは生活習慣病の一種とされ、他の多くの生活習慣病と同じく原因と目される要因こそ発見されていながら、明確な発症メカニズムは明らかになっていない慢性疾患ですが、発症メカニズムこそわかっていないものの、原因と目される要因として、加齢・夜更かし・目の酷使・湿度の低い環境といった要因が挙げられており、ドライアイを発症したケースの多くはいずれかの要因、あるいは複数の要因を満たしており、ドライアイを引き起こす要因として有力視されています。

加えて、コンタクトレンズの使用もメガネに比べてドライアイの誘発を招きやすい傾向を示しており、コンタクトレンズを使用する場合は目のケアに力を入れないとドライアイを発症するリスクが高まるでしょう。

それぞれの要因について触れていくと、加齢は防ぎようがありませんし、目の酷使も職業に関係するなら防ぎようがありませんが、趣味やテレビ番組を見たいがための夜更かしやエアコン等による部屋の乾燥については、規則正しい生活を送り、加湿器等で部屋の加湿を十分に行うことである程度の改善は見込めますし、目を使いすぎたと感じたり、目に充血が見られたりする場合は市販薬、できれば二類の目薬を点眼することで目のケアに効果を期待でき、加湿と目薬以外にもホットアイマスクで目をじっくり温めながら保湿するのも目のケアに効果的です。

ドライアイ対策としては、加齢以外の要因を避けることが最も望ましく、すなわち夜更かしを避け、目を酷使せず、適湿な環境を保ち、コンタクトレンズの利用は避け、できればメガネを使用するのがベストでしょうが、全ての要因を避けるのは現実的ではないので、地道に目のケアを行うしかありません。